築35年マンションのフラッシュバルブ式トイレにウォシュレット取り付け

トイレつまり

フラッシュバルブ交換後

新しくウォシュレットを取り付けたい! と考えているお客さまもたくさんいらっしゃるかと思います。ウォシュレットがあると便利ですよね。しかし、トイレによっては「これではウォシュレットが取り付けられない」と業者から断られてしまうこともあるのです。

そこで今回は、当社がフラッシュバルブ式トイレにウォシュレットを取り付けた工事例をご紹介します。
他社さまからウォシュレットの取り付けを断られてしまった方もぜひご参照ください。

フラッシュバルブの交換とウォシュレット取り付け

お客さまから「トイレにウォシュレットをつけたいので、取り付け可能か見てほしい」というご相談がありました。くわしくお話を聞いたところ、今回の物件は築35年のマンションで、フラッシュバルブがついたトイレとのことでした。

フラッシュバルブ

上の画像がフレッシュバルブです。見たことがある方も多いですよね。住宅用として設置されることは少なくなりましたが、学校や駅、公共施設などでは多く採用されています。その理由は連続してトイレの水を流すことができるからです。フラッシュバルブは水道管に直接取り付けられているため、タンク式と比べると水の勢いが強く、かつ連続して便器洗浄を行うことができるのが特徴と言えます。

今回のお客さまは、トイレにウォシュレットを取り付けるために地元業者やネット検索した業者など当社以外の業者に下見を依頼しましたが、6社に断られてしまったそうです。ウォシュレットの取り付けを諦めかけていたときに、「トイレ ウォシュレット 取り付け業者」とネット検索したところ、当社のホームページが見つかり、お電話をしてくださったのです。

これまで下見に来た業者によると、ウォシュレットが取り付けられないタイプのトイレだと言われたそうです。しかし、なんとかお客さまのご希望を叶えたいと思い、フラッシュバルブにくわしい職人と一緒に現場へ下見訪問をしてみました。

くわしく見たところ、ウォシュレットが取り付けられそうでした。

フラッシュバルブタイプのトイレにウォシュレットを取り付けるには、ウォシュレットの給水パイプ接続口が必要です。

だいたい20年以内に製造されたフラッシュバルブであれば、ウォシュレットの給水パイプ接続口がついている商品が多いです。しかし、今回の現場のような製造してから長い年数が経過しているフラッシュバルブの場合は、ウォシュレットに接続できない設計であることがあります。

交換前フラッシュバルブ

このままではウォシュレットは取り付けできないため、給水パイプ接続口のあるフラッシュバルブに交換する必要がありました。お客さまにこのことを説明し、修理費用の見積もり金額もお伝えすると、すぐに申し込みをしていただけたので、新しいフラッシュバルブを取り寄せました。

数日後に再訪問してフラッシュバルブの交換とウォシュレット取り付けとなりました。

フラッシュバルブ取り外し

上の画像は、トイレ便器のフタを外してフラッシュバルブの取り外しをしようとしている様子です。ウォシュレットの給水パイプ接続口のあるフラッシュバルブに交換して、さらにウォシュレットも取り付けました。

フラッシュバルブ交換後

上の画像は工事完了時の様子です。フラッシュバルブが新しくなり、さらにウォシュレットが取りつけられているのがおわかりいただけるかと思います。ウォシュレットの使い方をかんたんにお客さまにお伝えし、問題なくウォシュレットが使えることもお客さまと一緒に確認済みです。

お客さまからは、「何社からもウォシュレットの取り付けを断られてしまったので、はやく水もれ修理とトイレ救急社に出会えたらよかった」というお言葉をいただきました。どうもありがとうございます。

TV750系・TV550系などのフラッシュバルブ

ここまで、ウォシュレットの給水接続口がない設計のフラッシュバルブにウォシュレットを取り付けた事例を紹介いたしましたが、はじめから給水接続口があるフラッシュバルブ(新しいタイプ)であれば、ウォシュレットの取り付けはかんたんな工事のみで完了します。

かんたんな工事でウォシュレットが取り付けられるかどうかは、給水接続口の有無で判断します。

給水接続口があるかどうかは、メーカー・品番から確認が可能です。
トイレのフラッシュバルブにメーカー名・品番が書かれていないかご確認ください。

TOTOのフラッシュバルブであれば、品番がTV750から始まるもの、TV550から始まるものであればかんたんな工事でのウォシュレット取り付けが可能です。
その他、20年以内に製造されたものであればかんたんに取り付けられる可能性があります。

ウォシュレットがすぐに取り付けられるかどうか不明な場合は、お気軽に当社までご相談ください。

古いフラッシュバルブであっても、当社であればウォシュレットの取り付けが可能な場合があります。他社さまに断られてしまった方もお問合せください。

お問合せ・お申込み方法

1.フラッシュバルブのメーカー・品番の確認
フラッシュバルブのメーカー名、品番がわかればお伝えいただけるとスムーズに作業が進むため、ご協力をお願いします。
印字がはげている、ラベルシールが剥がれているなどでメーカー・品番がわからない場合は、無理に調べていただく必要はありません。その旨、当社までお伝えください。

2.水道元栓がしめられるかの確認
工事の際に、トイレの水を止水する必要があるため、水道元栓が閉められるかご確認ください。
※戸建て住宅や集合住宅の場合は問題なく水道元栓が閉められるため、確認していただく必要はございません。

テナントビル、共用オフィスビル、公共施設などでは、水道元栓が共用となっていることがあります。この場合、水道元栓を勝手にしめてしまうと、他のテナントで水が使用できないなど不都合が生じることになります。そのため、水道元栓をしめる場合は事前に建物管理業者に許可が必要になることが多いです。事前にご確認や手続きをお願いします。

3.メール、電話でお問合せ
メールまたは電話でお問合せください。

4.お見積りのご連絡
当社からお見積り金額をお伝えしますので、ご納得いただける場合はお申込みをお願いします。

【関連ページ】
こちらの記事もご参照ください。

アパート・賃貸マンションのウォシュレット取り付け費用・交換業者

対応地域

【東日本の対応地域一覧】
東京都23区と多摩地域
足立区・荒川区・板橋区・江戸川区・大田区・葛飾区・北区・江東区・品川区・渋谷区・新宿区・杉並区・墨田区・世田谷区・台東区・中央区・千代田区・豊島区・中野区・練馬区・文京区・港区・目黒区
西東京市・武蔵野市・東久留米市・清瀬市・東村山市・小平市・小金井市・国分寺市・三鷹市・調布市・府中市・狛江市・立川市・国立市・日野市・多摩市・八王子市・昭島市・福生市・羽村市・町田市・東大和市・武蔵村山市・瑞穂町・あきる野市・青梅市
神奈川県
横浜市・大和市・綾瀬市・座間市・川崎市・藤沢市・茅ケ崎市・平塚市・厚木市・伊勢原市・海老名市・相模原市・鎌倉市・逗子市・横須賀市・葉山町
埼玉県
草加市・八潮市・三郷市・吉川市・越谷市・春日部市・さいたま市・川口市・戸田市・蕨市・和光市・朝霞市・新座市・富士見市・ふじみ野市・志木市・三芳町・所沢市・入間市・狭山市・飯能市・日高市・鶴ヶ島市・川越市・坂戸市・東松山市・桶川市・北本市・上尾市・蓮田市・白岡市・久喜市・鴻巣市・幸手市・加須市・羽生市・行田市・伊奈町・川島町・松伏町
千葉県
千葉市花見川区・千葉市稲毛区・千葉市若葉区・千葉市美浜区・千葉市中央区・千葉市緑区・浦安市・八千代市・船橋市・習志野市・四街道市・印西市・白井市・市川市・鎌ヶ谷市・松戸市・柏市・我孫子市・野田市・流山市・成田市・佐倉市・富里市・市原市・袖ヶ浦市・君津市・富津市・木更津市・東金市・山武市・大網白里市・八街市・茂原市
茨城県
牛久市・守谷市・龍ケ崎市・取手市・つくばみらい市・つくば市・利根町と河内町・稲敷市・阿見町・美浦村・土浦市・かすみがうら市・常総市・下妻市・坂東市・八千代町・古河市・結城市・筑西市・桜川市・境町・水戸市・笠間市・小美玉市・石岡市・ひたちなか市・那珂市・日立市・常陸太田市常陸大宮市・鉾田市・鹿嶋市
栃木県
栃木市・下野市・小山市・佐野市・野木町・足利市・鹿沼市・真岡市・宇都宮市・上三川町・壬生町
【西日本の対応地域一覧】
大阪府
大阪市・枚方市・高槻市・茨木市・箕面市・交野市・寝屋川市・大東市・門真市・守口市・豊中市・吹田市・四條畷市・摂津市・池田市・八尾市・東大阪市・豊能町
京都府
京都市・宇治市・城陽市・京田辺市・八幡市・長岡京市・向日市・亀岡市
兵庫県の一部地域
神戸市・三田市・芦屋市・西宮市・宝塚市・川西市・尼崎市・伊丹市・明石市・三木市
奈良県北部
奈良市・生駒市・大和郡山市
滋賀県
大津市・草津市・守山市・栗東市