賃貸マンション・アパートのトイレ修理費用はだれが支払う?

トイレつまり トイレ修理

費用はだれが払う?

アパートや賃貸マンションのトイレが故障した場合や、トイレで水漏れがしている場合、トイレつまりが生じた場合の費用は、入居者・不動産オーナーのどちらが負担するのか気になる方もいるかと思います。

費用負担は原則として契約書に記載されている内容により決められていますが、ケースバイケースな内容が少なくないため迷うことも多いでしょう。

そこで今回は、トイレの水漏れ・つまりの修理費用・交換費用の負担について解説いたします。
自分が払うのか、不動産オーナーが払うのかわからず気になっている方は、参考にしてみてください。

基本的な考え方

建物や設備の老朽化や経年劣化が原因の不具合の場合は、不動産オーナーが費用を負担してくれる可能性が高いです。入居者による不注意や過失が原因と考えられるトラブルの場合は、入居者が修理費用を負担する可能性が高いと言えます。

建物・設備の老朽化・経年劣化が原因不動産オーナーが費用負担
入居者の過失・不注意が原因入居者が費用負担

1つ例を挙げてみましょう。
個室トイレにスマートフォンを持ち込んで、うっかりとトイレ便器にポトンと落とし、そのまま流してトイレがつまったとします。

これはスマホを落としたという入居者の重大な過失があるため、一般的には入居者が費用を負担して直す必要があります。

まずこれが基本の考え方とご認識ください。基本の考え方、とは書きましたが、入居者の不注意によるトラブルでも不動産オーナーさまが対応する可能性もあり得ます。この基本の考え方は絶対ではありません。あくまで一般論とお考えください、例外もあり得ます。

※自己判断、勝手に業者を呼んで修理をするのはおすすめしません※
管理会社や不動産オーナーの許可を得ずに、入居者の自己判断で業者を手配して修理をした場合は、たとえ建物の老朽化や経年劣化が原因によるトラブルであっても、入居者の費用負担になる可能性があり、注意が必要です。

賃貸マンションやアパートを賃貸契約して入居している方は、自己判断で勝手に水道修理業者を呼ばずに、管理会社や不動産オーナーに相談しましょう。

トイレつまり

トイレつまりの費用負担

トイレ便器に大量のトイレットペーパーをまとめて流したことが原因でトイレがつまった、固形物(異物)をトイレ便器に流してつまらせた。これは入居者の過失とみなされるため、基本的には入居者の自己負担となります。

反対に老朽化によってトイレ排水管がつまりやすくなっている場合は、不動産オーナーが費用負担する傾向があるのです。

トイレットペーパーをまとめて流してつまった、固形物を流した入居者が負担
老朽化により排水管がつまりやすくなっていた不動産オーナーが負担

トイレ排水管はだいたい20年以上経過すると劣化していきます。付着物がついて、排水管がつまりやすくなることもあるため、高圧洗浄をして対処することが多くなります。

トイレの水漏れ

トイレの水漏れの費用負担

では、トイレの水漏れの費用負担はどちらがするのでしょう。こちらも入居者、不動産オーナー、どちらになる可能性もあります。

たとえば、トイレに硬いモノをぶつけてトイレ便器やトイレタンクが割れて、そこから水が漏れた場合は、入居者が修理費用を負担する可能性が高いです。ぶつけるという行為が、入居者の過失に該当するためです。

トイレタンク内部のパーツの劣化によって、水が漏れた場合は、オーナー負担になる可能性が高いと言えます。

モノをぶつけてトイレ便器・タンクを割って水漏れしたなどの過失がある入居者が負担(または保険を使って交換できる可能性もある)
入居者の過失が見当たらない、経年劣化や老朽化による水漏れ不動産オーナーが負担

水漏れの責任の所在の判断は、難しいところもあります。多くの場合は、入居者に過失があるかどうかで判断ができます。自分が負担するのかどうかわからない場合や不安な場合は、不動産管理会社や不動産オーナーに水漏れの状況をよく説明しましょう。

ウォシュレットの故障による水漏れ

ウォシュレット(温水洗浄便座)が故障して水が漏れることもあり得ます。この場合の費用負担についても解説いたします。

入居した当初からトイレに取り付けられていたウォシュレットが故障した場合は、不動産オーナーの費用負担で交換・修理することが多い傾向にあります。

ただし、契約書に残置物と定義されているウォシュレットについては、入居者が費用負担する可能性が高いです。残置物とは、前の入居者が残していったもののことです。

モノを落としてトイレ便器が割れた

トイレ便器が割れた場合は、新しいトイレ便器に交換することになりますが、この交換費用の負担についても解説します。

まず最初にご説明しなければいけないこととして、トイレ便器は割れるということをお伝えします。え、あの丈夫そうなトイレ便器が割れるって本当? と思う方もいらっしゃるかもしれません。

一般的にトイレ便器は陶器でできているため、割れる可能性があるのです。トイレ便器を割れたまま使用すると、怪我をする危険性もあるため、放置することはおすすめしません。また、トイレ便器には水がたまっているため、トイレ便器が割れてしまうと水が漏れる可能性も…。

陶器でできたトイレ便器は、重いモノ、硬いモノを上に落としてしまうと割れる可能性があります。天井の電気を交換しようと、トイレ便器の上に足を乗せて、踏み台のように使用する方もいますが、これも破損の原因です。

割れたトイレ便器の交換費用は、契約書の内容によります。もしものことがあれば、まずは管理会社に問い合わせをしてください。
なお、モノをぶつけてトイレタンクを割った場合も同様です。

モノをトイレ便器に落として割ってしまった場合は、入居時に加入していた損害保険を使用して交換できる可能性があります。
(保険がおりない場合もありますので、ケースバイケースと言えるでしょう)

加入している保険商品にもよりますが、多くの場合は交換の費用負担はないか、少額であることがほとんどです。保険で新品のトイレ便器に交換できる可能性もあるため、トイレ便器が割れてしまった場合は管理会社に相談をしてみましょう。

ここまでトイレのトラブルの費用負担について解説してきました。個人負担になるのでは…と不安になってトラブルが発生したまま生活をしてしまうこともあるかもしれません。しかし、修理や交換をせずにそのまま放置をしていると、トラブルが悪化する可能性もあり得ます。

入居者の過失による不具合でも不動産オーナーが修理費用を負担してくれることも実際にあるので、まずは管理会社に相談してみてくださいね。

当社は、賃貸マンション・アパートのトイレ修理・交換を格安でおこなっております。何かあればお気軽にお問合せください。

なお、こちらで記載した内容はあくまで一般的な考えです。例外もあり得るため、よく管理会社やオーナーと相談することをおすすめします。

【関連ページ】

八王子市のトイレつまり、水漏れ修理(地元業者)
高槻市のトイレつまりと水漏れの修理

対応地域

【東日本の対応地域一覧】
東京都23区と多摩地域
足立区・荒川区・板橋区・江戸川区・大田区・葛飾区・北区・江東区・品川区・渋谷区・新宿区・杉並区・墨田区・世田谷区・台東区・中央区・千代田区・豊島区・中野区・練馬区・文京区・港区・目黒区
西東京市・武蔵野市・東久留米市・清瀬市・東村山市・小平市・小金井市・国分寺市・三鷹市・調布市・府中市・狛江市・立川市・国立市・日野市・多摩市・八王子市・昭島市・福生市・羽村市・町田市・東大和市・武蔵村山市・瑞穂町・あきる野市・青梅市
神奈川県
横浜市・大和市・綾瀬市・座間市・川崎市・藤沢市・茅ケ崎市・平塚市・厚木市・伊勢原市・海老名市・相模原市・鎌倉市・逗子市・横須賀市・葉山町
埼玉県
草加市・八潮市・三郷市・吉川市・越谷市・春日部市・さいたま市・川口市・戸田市・蕨市・和光市・朝霞市・新座市・富士見市・ふじみ野市・志木市・三芳町・所沢市・入間市・狭山市・飯能市・日高市・鶴ヶ島市・川越市・坂戸市・東松山市・桶川市・北本市・上尾市・蓮田市・白岡市・久喜市・鴻巣市・幸手市・加須市・羽生市・行田市・伊奈町・川島町・松伏町
千葉県
千葉市花見川区・千葉市稲毛区・千葉市若葉区・千葉市美浜区・千葉市中央区・千葉市緑区・浦安市・八千代市・船橋市・習志野市・四街道市・印西市・白井市・市川市・鎌ヶ谷市・松戸市・柏市・我孫子市・野田市・流山市・成田市・佐倉市・富里市・市原市・袖ヶ浦市・君津市・富津市・木更津市・東金市・山武市・大網白里市・八街市・茂原市
茨城県
牛久市・守谷市・龍ケ崎市・取手市・つくばみらい市・つくば市・利根町と河内町・稲敷市・阿見町・美浦村・土浦市・かすみがうら市・常総市・下妻市・坂東市・八千代町・古河市・結城市・筑西市・桜川市・境町・水戸市・笠間市・小美玉市・石岡市・ひたちなか市・那珂市・日立市・常陸太田市常陸大宮市・鉾田市・鹿嶋市
栃木県
栃木市・下野市・小山市・佐野市・野木町・足利市・鹿沼市・真岡市・宇都宮市・上三川町・壬生町
【西日本の対応地域一覧】
大阪府
大阪市・枚方市・高槻市・茨木市・箕面市・交野市・寝屋川市・大東市・門真市・守口市・豊中市・吹田市・四條畷市・摂津市・池田市・八尾市・東大阪市・豊能町
京都府
京都市・宇治市・城陽市・京田辺市・八幡市・長岡京市・向日市・亀岡市
兵庫県の一部地域
神戸市・三田市・芦屋市・西宮市・宝塚市・川西市・尼崎市・伊丹市・明石市・三木市
奈良県北部
奈良市・生駒市・大和郡山市
滋賀県
大津市・草津市・守山市・栗東市