【逆流】トイレの水の流れが悪い3つの原因と修理

トイレ修理

【逆流】トイレの水の流れが悪い

このページではトイレの水の流れが悪い症状について詳しく記載しています。

トイレ室内に入って、便器を見たところトイレットペーパーが残っていた! という経験はありませんか。流し忘れ? それとも、水の流れが悪くて流れなかった? どちらかの可能性があります。流し忘れなら今後気を付ければよいのですが、水の流れが悪くてトイレットペーパーが残るのは困りますよね。

トイレの水の流れが悪い症状は主に次のものがあげられます。

  • 水を流すとトイレ便器に水が逆流して水位が上がってくる
  • 水を流しているのにトイレットペーパーが残る
  • 水を流したあとにコポコポという異音がして、最後は水たまり面が低い

上記3つの症状のいずれかに当てはまる方むけに、トイレの水の流れが悪い3つの原因をご紹介しています。具体的な修理事例も記載していますので、ご参照ください。

トイレの水の流れが悪くなることがあります

「水の流れが悪いだけなら大丈夫、だってまだ流れるんだし…」

そう思っていませんか。
確かに、今現在は流れは悪いものの、なんとか流れていったとしても、そのうち完全に流れなくなることもあるのですよ。

トイレは生活にかかすことができない設備ですから、できれば本日中の修理をご検討ください。

例えば、家に2つトイレがあったとしても詰まりかけている箇所がトイレの排水管だった場合は、2つとも使えなくなります。

そのため2つあるからと言って安心はできないのです。

 

トイレの水の流れが悪い原因はこの3つ!

トイレの水の流れはなぜ悪くなるのか気になるかと思いますので、ここでは原因についてご紹介します。

①トイレ便器のつまり
②トイレ排水管のつまり
③トイレの故障

この3つのどれかが(場合によっては原因が2つ以上のこともある)原因でトイレの水の流れが悪くなります。それぞれ詳しく見てみましょう。

水の流れが悪くなる原因①トイレ便器のつまり

トイレ便器は入り組んだ構造をしているため、便器内部にモノがつまることがあります。

トイレに持ち込むモノ(スマホ、検尿カップ、オムツなど)、トイレに飾っているモノ(インテリア雑貨)です。

便器内にモノがつまっている場合、水が流れにくくなります。場合によっては完全に水が流れなくなることもあるのです。便器に水を流して水面が上がってくることや、ペーパーが流れていかずに残ること、コポコポという異音がすることもあり得ます。

実際の修理事例を見てみましょう。

【トイレ便器のつまり修理事例】

トイレ便器のつまりが原因で水の流れが悪いお宅の修理をしたときの内容をご紹介します。

お客さまから「トイレの水の流れが悪いので見に来てほしい」という依頼のお電話があり、すぐに現場にかけつけました。お話をうかがったところ、前日に水の流れが悪くなり、トイレットペーパーでさえも流れない状態だったので修理依頼をしてくださったとのことでした。お客さまがおっしゃるには、トイレ掃除を前日の夜になさって、トイレ便器にお掃除ブラシの先端を流してしまったことが原因だと思う、とのことです。

わかります! トイレ便器の内側はガンコな汚れもありますし、ついつい力を入れてブラシでゴシゴシ! としたくなるのですよね。しかしお掃除ブラシの先端は、物理的に脆弱な部分であるため、折れやすい傾向があります。運悪くトイレ便器に水を流しているタイミングであれば、そのまま流れていってしまうこともあるのです。実際に当社にはトイレの掃除ブラシによるつまりの修理依頼を多くいただいています。

力加減はほどほどに…と言っても、なかなか難しいものなのですよね。何度も使ったことで、先端部分に負担がかかり今にも折れそうになっていることだってありますし…。

今回は、点検の結果、トイレ便器を床面から取り外す必要がありました。このことをお客さまにご案内させていただき、さらに修理費用のお見積りもお伝えしたところ、もろもろ同意をいただけましたので、作業をはじめます。

トイレ便器を床面から取り外したところ、下の画像のような状態になっていました。

ブラシつまり

床から飛び出しているパーツは「排水ソケット」と呼ばれるものですが、なかにお掃除ブラシの先端を発見しました。この排水ソケットはいわばトイレ排水管と便器の間に位置するものです。ここを通り抜けてしまうと、もうトイレ排水管…奥まで流れていく前に取り出すことができたことは不幸中の幸いです。

あ、ちなみに、白く写っているのがお掃除ブラシの先端です。

取り外していた便器を元に戻したあと、洗浄レバーを回して水の流れを確認します。水はジャージャーとスムーズに流れていき、トラブルが解消されていました。

水の流れが悪くなる原因②トイレ排水管のつまり

トイレの排水管がつまっていても、水の流れが悪くなることがあります。

トイレの排水管はイメージがつきにくい方もいらっしゃると思いますので、説明しますね。

【トイレ排水管とは】
トイレの水は、便器内を流れたあと、トイレ排水管内を流れ、下水へとたどり着きます。トイレ排水管は床下から屋外の地中へ続いて行くため、わたしたちの日常生活で目に触れることはありませんが、トイレ排水管がつまることは珍しいことではないのですよ。

トイレ排水管が何かしらの原因でつまっていると、コポコポという音が出たり、便器の水面が上がったり、ティッシュペーパーが流れないという症状があらわれます。排水管がつまる原因は次のようなものがあげられます。

トイレ排水管つまりの原因その1|こびりつき

トイレ排水管には、毎日のように排泄物やトイレットペーパーが流れますので、内部にこびりつきが出ることがあります。このこびりつきが徐々に増してきて、水の流れが悪くなるのです。

こびりつくものはさまざまで、黒いモノや白いモノがあります。黒いモノはだいたいご想像つくかと思いますので、ここでは説明を割愛しておきます…。(わかりますよね…?)

【油のこびりつき】

白いこびりつきですが、油のかたまりです。いわゆるラードとなります。ご病気が原因でやむなくトイレで頻繁に嘔吐をなさる方がいらっしゃるお宅では、トイレ排水管に白い油のかたまりが付着しやすい傾向にあります。また、ラーメンスープや残飯など油を含むものをトイレに流しているお宅でも起こり得ます。

一見さらっと流れていきそうに見える油分を含むものですが、冷えることでかたまり、少しずつ排水管内部に蓄積していくのです。

【薬の影響によるこびりつき】

また服薬している薬の影響でトイレ排水管に付着物がつくことがあります。すべての薬で付着物が出るのではなく、一部の糖尿病薬、パニック障害の方に処方される薬です。服薬されている方で、最近トイレの水の流れが悪いとお感じになっている方は可能性がありますので、一度業者に依頼して排水管を点検してもらうことをおすすめします。

ちなみに、この薬を服用しているお宅でのこびりつきですが、黒いモコモコとした付着物が排水管に付着するのです。排水管はトイレ室内から屋外へと繋がっていますが、圧倒的にトイレ室内側に近い排水管内部に付着しているのです。

わたしたちは水道工事業者であり、薬の知識には長けていませんので、詳しい理由はわかりませんが、可能性のあるお宅は、まずは業者に相談をして定期的に排水管清掃をするなどメンテナンスをするとよいかと思います。

上記のように、経年と共にこびりつきがトイレ排水管内部に少しずつ蓄積し、内部を埋め尽くすほどになると、トイレの水の流れが悪くなるという仕組みです。

トイレ排水管つまりの原因その2|木の根

木の根はコンクリートをも持ち上げることがあるほど丈夫で、トイレ排水管のなかにまで侵入することがあります。

トイレ排水管はトイレ室内から屋外の地面にまでにも続いています。お庭に庭木を植えているお宅の場合、この根が地面のトイレ排水管の表面を突き破ってしまうことがあるのです。

実際にこのようなトラブルのお宅の修理は当社は何度もしております。ご自宅のお庭に木を植えているお宅では、このようなトラブルは珍しくはないのですよ。

トイレ排水管つまりの原因その3|浄化槽の満水

浄化槽を使用しているお宅の場合で、浄化槽が満水になっているとトイレの水の流れが悪くなります。

このような場合は、専門業者に汲み取り依頼をすることで対応します。
浄化槽? なんのこと? と思う方もいらっしゃるでしょう。すべてのお宅に浄化槽が設置されているわけではないため、設置されていない地域にお住まいの方はご存じないこともあるかと思います。

こちらは、トイレなどから流れる生活排水(いわゆる汚水)を処理する設備です。

【トイレ排水管つまりの修理事例】

ここではトイレ排水管つまりがあるお宅で当社が実際に行った修理事例をご紹介します。

トイレの水の流れが徐々に悪くなっていき、ついにはほぼ流れなくなってしまい当社に修理依頼をしてくださったお客さまのお話です。

お客さまによると、少し前から水の流れが悪かったので、トイレつまりかもしれないと疑いラバーカップ作業をしていたそうです。

下の画像がラバーカップです。

ラバーカップ

見たことがある方も多いですよね。トイレつまりというとこちらの道具をイメージする方も多く、実際つまり修理に役立ちます。(ラバーカップ修理が不向きなつまりもありますが)

お客さまによると、ラバーカップを使ったところ、いくらか改善したような気がしたとのことで、すぐに修理業者を呼ばず様子を見ることにしたそうです。しかし、数日後に水を流してもトイレットペーパーが残るほど水の流れが悪くなったそうで、当社に修理依頼をしてくださいました。

こちらが水の流れが悪いトイレです。

水の流れが悪いトイレ

見たところ、確かに水の流れが悪いことがわかりますが、特にトイレ便器内にはつまりはなく、トイレ排水管に原因があるようでした。くわしくトイレ排水管を見たところ、木の根の侵入により排水管の一部が破損していて、土や根がつまっている状態だったのです。

お庭の画像までは掲載できませんが、お庭には樹木がたくさん植えてあり園芸を楽しまれているご家庭です。トイレ排水管に植物の根が侵入していることをお客さまにお伝えし、修理方法や修理費用見積もりもご案内したところ、快諾をいただけましたので、修理作業に入ります。

破損しているトイレ排水管内の根を1つ1つ取り除き、破損したトイレ排水管を新しいものと交換して修理をします。修理後に、トイレ室内に行き、水を流して流れを確認したところ、スムーズになっていました。

水の流れが悪くなる原因③トイレの故障

トイレ自体が故障することで、水の流れが悪くなることもあり得ます。故障により洗浄時の水量が少ないと、本来であれば流れるはずのものが、流れていかずにつまりかける状態になります。(場合によっては完全にトイレがつまります)それによって、トイレ便器に水を流して水位があがったり、コポコポという異音がしたり、ティッシュペーパーが流れないことが起こりえます。

どこが故障していて水の流れが悪いのか点検をしてみて、必要に応じて修理を行います。場合によっては交換しかないこともあります。洗浄時の水の量がそもそも少なければ、トイレットペーパーや排泄物は流れていかないのが想像つきますよね。故障が原因で洗浄時の水量が少ないことで、水の流れが悪くなることがあります。

タンクレストイレの場合は、給水量不足で水の流れが悪いことがあるのです。タンクレストイレという言葉を聞いたことがない方もいらっしゃるかと思いますので解説します。

トイレ便器の上などにトイレタンクがあるタイプのトイレは、公衆トイレ、駅のトイレ、商業施設のトイレ、ご自宅のトイレなどでみなさん見たことがあるでしょう。対して、タンクレストイレは、近年増えてきているタイプのトイレで、こちらはトイレタンクがないタイプのトイレなのですよ。

下の画像はタンクレストイレです。

タンクレストイレ

タンクがない分コンパクトで狭いトイレ室内に置いても圧迫感があまりありません。
トイレタンクがある場合は中に水が入っていて、この水はトイレに水を流すためにためているのです。しかし、タンクレストイレは便器に流すための水をタンクにためることができませんので、水道管から直接給水しているのです。

この給水量が不足していれば、トイレ便器に流れる水の量も少なくなりますので、水の流れが悪くなるのです。

トイレタンクに水をためることがないタンクレストイレは、電気の力を使って水をトイレ便器に流すのですが、この電気系統が故障することでも、水の流れが悪くなります。

さらに、タンクレストイレは水圧も重要になり、水圧が低いと水が流れにくくなります。

このようにトイレの故障の原因はさまざま考えられ、よく点検する必要があるのです。トイレの故障の場合では修理で対応できない場合もあり、トイレそのものを新しくする交換をおすすめする場合もございます。

【故障が原因で水の流れが悪いトイレの修理事例】

最後に修理事例ももう1件紹介しますので、お付き合いください。

お客さまから、トイレの水が流れていかないので修理に来てほしいとご依頼があり、すぐに現場に訪問しました。お客さまによると、前日の夜から水の流れが悪く、コポコポという聞きなれない音がしたそうです。翌朝になれば元に戻るかなと思っていたところ、朝も水の流れがやはり悪くて、当社に修理依頼をしてくださったのです。

点検してみたところ、トイレが故障が判明しましたので、お客さまにお伝えします。そして、相談の結果、今回はトイレを交換することになりました。下の画像が交換前のトイレです。

交換前のトイレ

交換後のトイレが下の画像となります。

交換後のトイレ

交換後に、トイレの水がスムーズに流れるか、トイレットペーパーを流してみて確認したところ、問題なく流れていきました。

当社は水の流れが悪いトイレの修理を得意としており、修理実績も豊富です。どのような原因でも対応させていただきますので、まずはお気軽にお問合せください。

対応地域

【東日本の対応地域一覧】
北海道札幌市や千歳市、岩見沢市などの周辺地域
札幌市・小樽市・石狩市・江別市・恵庭市・千歳市・苫小牧市・岩見沢市・三笠市・美唄市・北広島市
東京都23区と多摩地域
足立区・荒川区・板橋区・江戸川区・大田区・葛飾区・北区・江東区・品川区・渋谷区・新宿区・杉並区・墨田区・世田谷区・台東区・中央区・千代田区・豊島区・中野区・練馬区・文京区・港区・目黒区
西東京市・武蔵野市・東久留米市・清瀬市・東村山市・小平市・小金井市・国分寺市・三鷹市・調布市・府中市・狛江市・立川市・国立市・日野市・多摩市・八王子市・昭島市・福生市・羽村市・町田市・東大和市・武蔵村山市・瑞穂町・あきる野市・青梅市
神奈川県
横浜市・大和市・綾瀬市・座間市・川崎市・藤沢市・茅ケ崎市・平塚市・厚木市・伊勢原市・海老名市・相模原市・鎌倉市・逗子市・横須賀市・葉山町・秦野市・寒川町・大井町・大磯町・小田原市・中井町
埼玉県
草加市・八潮市・三郷市・吉川市・越谷市・春日部市・さいたま市・川口市・戸田市・蕨市・和光市・朝霞市・新座市・富士見市・ふじみ野市・志木市・三芳町・所沢市・入間市・狭山市・飯能市・日高市・鶴ヶ島市・川越市・坂戸市・東松山市・桶川市・北本市・上尾市・蓮田市・白岡市・久喜市・鴻巣市・幸手市・加須市・羽生市・行田市・熊谷市・吉見町・伊奈町・宮代町・杉戸町・川島町・松伏町・本庄市
千葉県
千葉市花見川区・千葉市稲毛区・千葉市若葉区・千葉市美浜区・千葉市中央区・千葉市緑区・浦安市・八千代市・船橋市・習志野市・四街道市・印西市・白井市・市川市・鎌ヶ谷市・松戸市・柏市・我孫子市・野田市・流山市・成田市・佐倉市・富里市・市原市・袖ヶ浦市・君津市・富津市・木更津市・東金市・山武市・大網白里市・八街市・茂原市
茨城県
牛久市・守谷市・龍ケ崎市・取手市・つくばみらい市・つくば市・利根町と河内町・稲敷市・阿見町・美浦村・土浦市・かすみがうら市・常総市・下妻市・坂東市・八千代町・古河市・結城市・筑西市・桜川市・境町・水戸市・笠間市・小美玉市・石岡市・ひたちなか市・那珂市・日立市・常陸太田市常陸大宮市・鉾田市・鹿嶋市
栃木県
栃木市・下野市・小山市・佐野市・野木町・足利市・鹿沼市・真岡市・宇都宮市・上三川町・壬生町
群馬県
前橋市・高崎市・渋川市・安中市・豊岡市・藤岡市・伊勢崎市・みどり市・桐生市・太田市・吉岡町・玉村町・上里町・神川町
静岡県
静岡市・沼津市・三島市・富士宮市・富士市・焼津市・藤枝市
【西日本の対応地域一覧】
大阪府
大阪市・枚方市・高槻市・茨木市・箕面市・交野市・寝屋川市・大東市・門真市・守口市・豊中市・吹田市・四條畷市・摂津市・池田市・八尾市・東大阪市・豊能町
京都府
京都市・宇治市・城陽市・京田辺市・八幡市・長岡京市・向日市・亀岡市
兵庫県の一部地域
神戸市・三田市・芦屋市・西宮市・宝塚市・川西市・尼崎市・伊丹市・明石市・三木市
奈良県北部
奈良市・生駒市・大和郡山市
滋賀県
大津市・草津市・守山市・栗東市
愛知県
名古屋市・春日井市・小牧市・犬山市・江南市・一宮市・岩倉市・北名古屋市・稲沢市・あま市・清須市・津島市・蟹江町・愛西市・弥富市・尾張旭市・長久手市・日進市・瀬戸市・みよし市・豊明市・豊田市・岡崎市・知立市・大府市・東海市・知多市・刈谷市・安城市・高浜市・碧南市・半田市
岐阜県
羽島市・海津市・大垣市・瑞穂市・岐阜市・各務原市・本巣市・多治見市・土岐市
三重県
桑名市・四日市市
富山県
富山市・射水市・高岡市・氷見市・砺波市・小矢部市・南砺市・滑川市・魚津市
広島県
広島市・呉市・廿日市市・大竹市・熊野町・海田町・府中町・東広島市・竹原市・三原市・安芸高田市