当社は3点式ユニットバス内のトイレ交換を行っております。トイレタンクのみの交換、トイレ便器のみの交換をはじめ、トイレタンクとトイレ便器セットの交換もしていますので、お気軽にご相談ください。

このページでは当社が実際に大阪で行ったトイレ便器交換事例とトイレタンク交換事例を画像を用いてご紹介しています。
トイレタンクやトイレ便器が割れてしまい交換をご希望の方、古くなったトイレの交換をご検討中の方はぜひご参照ください。

3点式ユニットバスとは?

このページのタイトルに「3点式ユニットバス」というワードが登場しました。
そもそもこれは何か気になる方もいらっしゃるかと思います。ご存じの方は読み飛ばしていただいてかまいません。

3点式ユニットバスは、トイレ、バスタブ(湯舟)、洗面ボウルが1つの室内にある設備のことです。
戸建て住宅ではあまり見かけませんが、アパートやマンションには多く採用されています。特に単身者向けの物件には風呂トイレ一緒の3点式ユニットバスが多い傾向にあります。

当社は3点式ユニットバス内のトイレ交換をしており、他者さまから3点式ユニットバス全体を交換しないとどうしようもないと言われてしまったお宅のトイレ交換も可能な限り対応しています。3点式ユニットバスすべてを交換するのか…と諦めずに当社にご相談いただければと思います。ぜひここから先のページも読んでご検討ください。

割れたトイレタンクやトイレ便器を交換している業者です

割れたトイレタンクやトイレ便器!? と思った方もいらっしゃるでしょう。
トイレタンクやトイレ便器って割れるの? と驚く方もいますが、…はい、割れます。

少し踏み込んでご説明いたしますので、ご興味のある方はお付き合いください。

【トイレタンク・トイレ便器は割れます】

トイレタンクは陶器製タイプと樹脂製タイプがあります。結論から書くと、どちらも割れます。
しかし、なぜトイレタンクが割れるのか…と原因が気になりますよね。

実は、トイレタンクが割れるのは原因不明なことが多いです。
例えばトイレの上のほうにモノを置いていて、それが落ちてしまいトイレタンクに当たって割れてしまうことがあります。ふらっと立ち眩みがして思わずトイレタンクに手をかけたところ割れてしまった、ということもあり得るでしょう。

このように明確に力がくわわってトイレタンクが割れることがありますが、特に何もしていないのにトイレタンクが割れることもあるのです。トイレタンクには水が常に入っているため、劣化しやすい環境です。割れやすい状態のものも多くあります。

では、トイレタンクが割れたらどうしたらいいのでしょうか。
当社が修理に行くとトイレタンクにガムテープなどを貼って応急処置をされている方を見かけます。ガムテープでの補修は完全ではありません。気休め程度にはなるかもしれませんが、割れた箇所から水が漏れてしまうこともあるため、早めに修理業者を呼ぶことをおすすめします。

ご多分に漏れず、トイレ便器も割れます。
トイレタンクは一般的に陶器でできているので、割れやすいのです。

トイレ便器にモノを落としてしまい割れてしまうことや、トイレ便座のフタが勢いよく倒れてその衝撃で割れてしまうことがあります。特に何もしていないのに割れてしまうこともあります。

トイレ便器は丈夫に作られていますが、毎日使っていることを考えると設置してから年数が経過したトイレ便器では割れることもあり得るのです。

トイレ便器が割れた場合は、トイレタンクと同じように新しいものに交換をします。
割れたトイレ便器をそのまま使うのはおすすめしません。小さなひび割れくらいでトイレ便器を交換のはもったいない…という方も多いかもしれませんが、そのまま体重をかけてトイレを使用しているとやがて大きく割れることがあります。

割れた箇所によっては臀部や太ももを怪我する危険性もあるのです。

また、割れたトイレ便器から汚水が漏れだす可能性もあります。
トイレ便器が割れたらなるべく早めに修理業者を呼ぶことをご検討ください。

【業者修理は早めがいい理由とは】

早めに業者を呼びましょうと何度か記載しました。
ちょっと急かしすぎ…! と感じた方もいるかもしれません。
しかし、実際にトイレタンクやトイレ便器が割れた場合は、早めの対処が重要です。
割れた箇所を1ヶ月放置したら、知らない間に割れた部分が直っている! ということはまずありません。割れは自然治癒しないため、長く放置することのメリットはありません。むしろ割れたトイレ便器をそのまま放置すると悪化することや、水漏れするなどデメリットが多いため、早めに業者を呼んだ方がよいのです。いずれ修理や交換をすることを考えると早いうちに対応して安心してトイレを使用したほうがよいかと思います。

工事例

ここからは当社が行った工事例をご紹介します。

大阪市内にお住まいのお客さまから「トイレ便器が割れたので新しいものに交換をしたい」とのご相談がありました。ご依頼の際にトイレの画像を送ってくださったため、当社で適合するトイレ便器がすぐにわかりました。ご協力ありがとうございました。
(トイレの画像送信については後述いたします)

お申込みをしていただけたので、適合する新しいトイレ便器を持参して工事訪問をします。

今回の現場は大阪市内にある単身者向けマンションでした。
お電話は賃貸管理会社さまからで、入居者の方からトイレ便器が割れたというご相談があったそうです。くわしく原因を聞いたところ、トイレ便器の上に突っ張り棒を使って棚を作ろうとしていたとのこと。トイレットペーパーなどの在庫を置く予定だったそうですが、突っ張り棒がうまく引っかからずにトイレ便器の上に落ちてしまったのです。大きな音がしてトイレ便器を見たところ大きく割れていたため、すぐに入居者さまが管理会社さま宛に電話をしたそうです。

この管理会社さまの他の物件で当社はトイレの水漏れ修理をしたことがありました。管理会社さまはわたしたちのことを覚えていてくださって、以前修理依頼した業者であれば安心だろうと考え、当社にお電話をしてくれました。リピートでのご依頼、ありがとうございます!

こちらが割れたトイレ便器です。

割れたトイレ便器

かなり大きく割れています。このまま使い続けていたら、おそらくもっと割れていたでしょう。尖った箇所もあるので危険ですね。
すでにお申込みをしていただいてはいましたが、念のためトイレ便器の交換方法や費用見積もりをお伝えして、お客さまから改めて同意を得ることができました。

割れたトイレ便器を床面から取り外します。
そこへすでに用意しておいた適合する新しいトイレ便器に交換をしました。

交換後トイレ便器

洗浄レバーをまわして問題なくトイレ便器が使えるかどうか確認したところ、水は正常に流れて水漏れもありませんでした。

【トイレ便器は適合性が重要です】
ここまで何度か「適合する新しいトイレ」という表現を使用しました。実はトイレ便器にはサイズが複数あり、適合しないこともあるのです。
せっかく工事訪問をしたのに、「このタイプには適合しませんね」と言って業者がさっさと帰ってしまうと、時間ももったいないですよね…。

このようなことがないように、きちんと事前に適合性を調べる必要があるのです。
適合性の調べ方は後ほどこのページで改めて解説いたしますが、ここではトイレ便器はどんなものにでも交換できるわけではないことをご認識いただけたらと思います。

工事例2

さて、もう1件実際に行った工事例をご紹介しますね。

大阪の高槻市にお住まいの方から「トイレタンクがひび割れているので新しいものに交換をしたい」とのご相談がありました。くわしく事情を聞いたところ、トイレタンクが割れたのは1ヶ月ほど前のことだそうです。なんとか割れた状態で使ってきたものの、水漏れの心配のことが不安になり、どうにかできないかと数日前から修理業者を探し始めたそうです。

「大阪 トイレタンク交換 業者」と検索したところ、大手水道修理業者さまをはじめたくさんのホームページが見つかったそうです。1つ1つホームページを見て、どこにしようか考えていたとのこと。そのとき頭をよぎったのがぼったくり業者です。少し前にニュースでも話題になったので記憶に新しい方も多いでしょう。

なるべくぼったくり業者っぽくないところに依頼をしたい、と思いながら検索していたところ、当社のブログが目に留まったとおっしゃっていました。工事例が具体的に書かれていて、他社の工事ブログよりも文章が長く手間がかかっているだろうと感じてお電話をしてくださったのです。ありがとうございます。

お客さまからトイレの写真を送っていただいたので、その画像をもとに適合する新しいトイレタンクをお調べしました。
工事日に新しいトイレタンクを持参します。

下の画像が割れたトイレタンクです。

ひび割れトイレタンク

ひび割れた箇所から水が漏れないようにテープが巻かれていました。この1か月間いろいろ対処なさったのがよく伝わってきます。
お客さまによると、テープを巻いたのでトイレタンク表面のベタつきが気になり、業者を呼ぶことを考え始めたとおっしゃっていました。

ひび割れたトイレタンクを取り外して適合する新しいものに交換をします。
下の画像が交換後のトイレタンクです。

トイレタンク交換後

いかがでしょうか! とても綺麗になりましたね。
お客さまもこれを見て、とても安心されたご様子でした。この1ヶ月、補修をしたりしていろいろ心配していたので思い切って業者を呼んでよかったとおっしゃっていました。

さて、今回はトイレタンクのみの交換でした。
当社は可能な限りトイレタンクとトイレ便器の色を合わせられるようにしております。
しかし、在庫の関係やすでに廃盤になっていてトイレ便器とトイレタンクをセットにできないこともございます。あらかじめご了承ください。

色を合わせたい方はトイレタンクとトイレ便器のセット交換をおすすめします。
今回ご紹介した事例では、トイレ便器のみの交換事例とトイレタンクのみの交換事例でしたが、当社ではトイレタンク・トイレ便器をまとめて交換もしております。

トイレタンクとトイレ便器がセットで新しくなると、3点式ユニットバス内の雰囲気がかなり大きく変わります。
手軽なリフォームのような感覚でご依頼いただけるかと思いますので、ご検討ください。

また、他社さまからトイレタンクやトイレ便器が廃盤だから対応できないと言われてしまった場合でも、当社に在庫があることもあります。諦めずに当社にご相談くださいね。可能な限り対応いたします。

お申込みから交換までの流れ

1.画像を送信してください
すでにご紹介したようにトイレタンクやトイレ便器は適合性が重要です。メーカー、品番から適合性をお調べするのですが、3点式ユニットバスの場合はメーカーや品番が書かれていないことが多いので、当社まで画像送信をお願いします。画像からメーカーと品番を特定いたします。

※トイレの写真撮影方法※
トイレタンクとトイレ便器が一緒にうつった写真をお送りください。トイレ便座のフタはしめた状態でお願いします。
暗いと判断がしにくいため、トイレ室内の電気をつけた状態で撮影のご協力をお願いします。

(タンクと便器を接続している太さ4cmほどのパイプの写真もお願いします)

2.お見積りのご連絡
当社から費用のお見積りをご案内いたしますので、ご確認ください。お見積り内容に対してご不明点があれば何なりとご質問ください。丁寧にご説明いたします。
お見積り内容にご納得いただける場合はお申込みをお願いします。

3.商品取り寄せ
お客さまからのお申込み後、必要なトイレ商品を取り寄せ致します。取り寄せには1日から3日ほどのお時間をちょうだいしております。

4.工事
お客さまのご都合に合わせて工事訪問をします。工事完了後にお支払いをお願いします。

関西エリアの対応地域

当社は関西エリアのトイレ便器交換・トイレタンク交換をしております。

大阪府全域、京都市と周辺地域、滋賀県大津市と草津市、兵庫県東部、奈良市、生駒市が対象です。
近くの拠点から工事訪問をしておりますので、即日対応も可能です。お急ぎのお客さまもぜひお問合せください。

対象地域であれば出張費はいただいておりません。迅速かつ良心的な価格で対応することを心がけております。

対応地域

【東日本の対応地域一覧】
北海道札幌市や千歳市、岩見沢市などの周辺地域
札幌市・小樽市・石狩市・江別市・恵庭市・千歳市・苫小牧市・岩見沢市・三笠市・美唄市・北広島市
東京都23区と多摩地域
足立区・荒川区・板橋区・江戸川区・大田区・葛飾区・北区・江東区・品川区・渋谷区・新宿区・杉並区・墨田区・世田谷区・台東区・中央区・千代田区・豊島区・中野区・練馬区・文京区・港区・目黒区
西東京市・武蔵野市・東久留米市・清瀬市・東村山市・小平市・小金井市・国分寺市・三鷹市・調布市・府中市・狛江市・立川市・国立市・日野市・多摩市・八王子市・昭島市・福生市・羽村市・町田市・東大和市・武蔵村山市・瑞穂町・あきる野市・青梅市
神奈川県
横浜市・大和市・綾瀬市・座間市・川崎市・藤沢市・茅ケ崎市・平塚市・厚木市・伊勢原市・海老名市・相模原市・鎌倉市・逗子市・横須賀市・葉山町・秦野市・寒川町・大井町・大磯町・小田原市・中井町
埼玉県
草加市・八潮市・三郷市・吉川市・越谷市・春日部市・さいたま市・川口市・戸田市・蕨市・和光市・朝霞市・新座市・富士見市・ふじみ野市・志木市・三芳町・所沢市・入間市・狭山市・飯能市・日高市・鶴ヶ島市・川越市・坂戸市・東松山市・桶川市・北本市・上尾市・蓮田市・白岡市・久喜市・鴻巣市・幸手市・加須市・羽生市・行田市・熊谷市・吉見町・伊奈町・宮代町・杉戸町・川島町・松伏町・本庄市
千葉県
千葉市花見川区・千葉市稲毛区・千葉市若葉区・千葉市美浜区・千葉市中央区・千葉市緑区・浦安市・八千代市・船橋市・習志野市・四街道市・印西市・白井市・市川市・鎌ヶ谷市・松戸市・柏市・我孫子市・野田市・流山市・成田市・佐倉市・富里市・市原市・袖ヶ浦市・君津市・富津市・木更津市・東金市・山武市・大網白里市・八街市・茂原市
茨城県
牛久市・守谷市・龍ケ崎市・取手市・つくばみらい市・つくば市・利根町と河内町・稲敷市・阿見町・美浦村・土浦市・かすみがうら市・常総市・下妻市・坂東市・八千代町・古河市・結城市・筑西市・桜川市・境町・水戸市・笠間市・小美玉市・石岡市・ひたちなか市・那珂市・日立市・常陸太田市常陸大宮市・鉾田市・鹿嶋市
栃木県
栃木市・下野市・小山市・佐野市・野木町・足利市・鹿沼市・真岡市・宇都宮市・上三川町・壬生町
群馬県
前橋市・高崎市・渋川市・安中市・豊岡市・藤岡市・伊勢崎市・みどり市・桐生市・太田市・吉岡町・玉村町・上里町・神川町
静岡県
静岡市・沼津市・三島市・富士宮市・富士市・焼津市・藤枝市
【西日本の対応地域一覧】
大阪府
大阪市・枚方市・高槻市・茨木市・箕面市・交野市・寝屋川市・大東市・門真市・守口市・豊中市・吹田市・四條畷市・摂津市・池田市・八尾市・東大阪市・豊能町
京都府
京都市・宇治市・城陽市・京田辺市・八幡市・長岡京市・向日市・亀岡市
兵庫県の一部地域
神戸市・三田市・芦屋市・西宮市・宝塚市・川西市・尼崎市・伊丹市・明石市・三木市
奈良県北部
奈良市・生駒市・大和郡山市
滋賀県
大津市・草津市・守山市・栗東市
愛知県
名古屋市・春日井市・小牧市・犬山市・江南市・一宮市・岩倉市・北名古屋市・稲沢市・あま市・清須市・津島市・蟹江町・愛西市・弥富市・尾張旭市・長久手市・日進市・瀬戸市・みよし市・豊明市・豊田市・岡崎市・知立市・大府市・東海市・知多市・刈谷市・安城市・高浜市・碧南市・半田市
岐阜県
羽島市・海津市・大垣市・瑞穂市・岐阜市・各務原市・本巣市・多治見市・土岐市
三重県
桑名市・四日市市
富山県
富山市・射水市・高岡市・氷見市・砺波市・小矢部市・南砺市・滑川市・魚津市
広島県
広島市・呉市・廿日市市・大竹市・熊野町・海田町・府中町・東広島市・竹原市・三原市・安芸高田市